行政書士とは

行政書士マーク

 

行政書士は、国家資格です。

市役所などの官公署に提出する書類や、権利義務、事実証明に関する書類の作成、提出手続きの代理または代行、作成にともなう相談などに応ずる専門家です。

行政書士が作成する書類は、数千種類に及ぶと言われています。

許認可などの申請書、添付書類など行政機関に提出する書類のほかに、契約書など権利義務、事実証明に関する書類を代理人として作成します。

また、それらの書類を作成する際の相談にも応じることができます。

代表的な例としては、新車を購入した際の登録手続き、飲食店や建設業を開業する際の許認可手続き、法人設立手続き、外国人の在留資格の更新および変更手続きなどがよく挙げられます。

行政書士は、弁護士、不動産鑑定士、司法書士、土地家屋調査士などと同じく、最後に「士」がつく職業であり、いわゆる士業(しぎょう)のひとつです。