行政書士になるには

行政書士になるには

 

行政書士となるには、まず、次の3つのうちどれかに当てはまる必要があります。

1 行政書士試験に合格する。  ⇒行政書士試験

2 弁護士、弁理士、公認会計士、税理士となる資格を有する。

3 国、地方の公務員や、特定独立行政法人の職員として17〜20年以上の行政事務の経験を有する。

これらのうちのどれか資格を取得します。

その後、各都道府県の行政書士会を経由で日本行政書士会連合会の登録を受けます。

その後、はじめて行政書士を名乗り、行政書士の業務を行うことができるようになります。

多くの場合、行政書士になるには、行政書士試験を受けて、

試験に合格するというケースになります。